薪ストーブ(カルシファー)のこと

家には薪ストーブがある。

最初から「カルシファー」と名前をつけた。「ハウルの動く城」と同じ名前。

フランス語で、Calcifer.

カルシファーの力で、毎年、冬をヌクヌクと過ごす。

やっぱり、遠いアラブからのガスや油より、村の山からの杉を燃やして体&こころを温めたほうが納得するね。

毎年11月から3月まで、火を入れる。もうすぐストーブシーズン始まるから今日煙突を掃除してもらった。薪ストーブはとても大事な存在なので、時々お世話してあげないと・・・

ことし、宍粟市波賀町の大工さん、小川さんにストーブの手入れをお願いした!

https://troisarchitecture.jp/

昔ながらの伝統の技術を生かして、家をたてるんだって。。

話したら、たくさんの点で同感する。おもろい!

小川さんはポジティブエネルギーが溢れて、とてもいいひとだなと思った。

煙突の掃除と同時に、いい出会いができて、最高でしょう!!

煙突の下の部分にペンキも抜けていたので、ペンキもぬってもらおう。

微笑みながら作業していただいて、とても感謝。

薪ストーブ(カルシファー)のこと” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中